【CentOS 8】不要なサービスを無効化する

CentOS 8
# systemctl disable ○○○○○

上記でコマンドで無効化可能です。(○○○○○にサービス名を入れる)

無効化したサービス

abrt-ccpp.service
abrt-oops.service
abrt-vmcore.service
abrt-xorg.service
abrtd.service
ABRT 関連、特に利用することはない。

auditd.service
SELinux などが関係するセキュリティ(監査)機能。特に利用することはない。

import-state.service
ネットワークストレージから起動する場合に必要。特に利用することはない。

nis-domainname.service
ネットワークインフォメーションサービス(NIS) を使用する場合に必要。特に利用することはない。

sssd.service
ネットワークを介して(たとえばLDAPやKerberosを使用して)システムにログインするユーザーがいる場合に必要。特に利用することはない。
また、sssd.serviceを無効にした場合は、sssd-*ユニットをすべて無効にすることをRedHatが推奨。

kdump.service
systemd-resolved.service
さくらのVPSでは無効化されていました。

例(さくらのVPS)

autovt@.service                            enabled
chronyd.service                            enabled
crond.service                              enabled
dbus-org.freedesktop.nm-dispatcher.service enabled
dbus-org.freedesktop.timedate1.service     enabled
getty@.service                             enabled
irqbalance.service                         enabled
loadmodules.service                        enabled
NetworkManager-dispatcher.service          enabled
NetworkManager-wait-online.service         enabled
NetworkManager.service                     enabled
rngd.service                               enabled
rsyslog.service                            enabled
sshd.service                               enabled
syslog.service                             enabled
systemd-fsck-root.service                  enabled-runtime
timedatex.service                          enabled
tuned.service                              enabled
タイトルとURLをコピーしました